トイレ掃除を簡単に

>

水洗タンクと便座の掃除はどうする?

水洗タンクの掃除のしかた

トイレ掃除といえば便器の掃除ですね。
便器本体はトイレ掃除では一番先に取り掛かりましょう。
天井を掃除する場合は先に天井に取り掛かります。
掃除の手順として上から先に、という原則がありますので、便器の中でもタンクを一番先に掃除していきましょう。

タンクの外まわりやレバーをしっかりお掃除シートで拭いていきます。
水道の金具の部分は歯ブラシに洗剤をつけてこすりましょう。ここでの洗剤は家庭用の中性洗剤で構いません。
金属部分でなかなか汚れが落ちないときはクレンザーを使ったり、サンドペーパーを使うと良いでしょう。

タンク内を掃除する場合は、止水栓を回して閉めてから行いましょう。
スポンジで汚れをこすり、細かいところは歯ブラシを使います。

便座の掃除のしかた

タンクに続いて便座や便器の中を掃除します。
念入りに行う場合はトイレの水を止め、便器内の水を空にします。

便座の汚れはお掃除シートで念入りにふき取っていきます。

便器内には酸性の洗剤をまんべんなくふりかけ、しばらく置いてから黄ばみをブラシで取っていきます。酸性洗剤なので、手袋をして換気をしておきましょう。
酸性の洗剤を使ったときは塩素系のものを混ぜないように注意してください。

便器のふちの裏側は見落としやすい箇所です。
ループつきのブラシを使うか、手袋をして手でこするようにしましょう。

これでも尿石部分が取れない場合は、トイレットペーパーを汚れ部分にかけて酸性洗剤をたらします。1時間ほど放置して汚れを分解させてからこするようにしてください。

また、頑固な汚れはサンドペーパーで削ることも検討できますが、傷がつく可能性が高いので細心の注意が必要となってきます。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ