トイレ掃除を簡単に

>

家事効率アップのためのトイレ掃除のポイント

トイレの汚れはどんなもの?

ちり、ほこりといったほかの部屋にもある汚れ以外に、水回り特有の汚れと排泄物の汚れがあります。
厄介なのが黄ばみを発生させる尿石です。
アンモニアは臭いのもとになり、カルシウムは放置すると固まって黄ばみの原因になります。これには酸性の洗剤が有効です。

黒ずんだ汚れは、ほこりやカビなどが原因になります。
黄ばみとは違った対処が必要になります。

また、水回りにはどうしても出てきてしまう汚れが水アカです。
これは水道水が原因になります。
臭いなどはないですがやはり白く汚れてしまって見た目は良くないですね。

ピンク色の汚れはバクテリアが発生しています。
放置しているとカビが発生して黒とピンクの怪しい色合いになってしまいます。

トイレ掃除の道具をそろえよう

掃除には方法論もありますが、便利な道具を使うと効率があがります。

便器を掃除するトイレブラシとふき取り用の雑巾は必須です。
雑菌の繁殖を防ぐために、どちらも使い捨てのものが販売されています。
ブラシは据え置きのものでも構いませんが、スポンジタイプは避けましょう。
雑巾の代わりとしては、使い捨てのお掃除シートは使い勝手が非常に良いです。
除菌効果のある厚手のものがおすすめです。

細かいところを掃除する用のお掃除棒も必須です。割りばしや竹串の先にキッチンペーパーを巻いて輪ゴムで止めたものを、太さを変えて何本か用意しておきましょう。
使い古しの歯ブラシもあると便利です。

家庭用の中性洗剤の他に、便座の尿石対策に酸性の洗剤とクエン酸も必要です。
アルカリ性の重曹は黒カビ対策に効果的です。

他にクレンザー、メラミンスポンジ、耐水サンドペーパーがあるとなかなか落ちない汚れに遭遇したときに便利です。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ