身近にあふれる動画

スマホやタブレット、パソコンなどネットに繋がる環境があれば気軽に誰でも見られる様々な動画。
最近ではテレビのワイドショーなどでも話題の動画と紹介したりするので、ネットをしない人でも見たことがあるのではないでしょうか。

動画とひと口に言っても種類の目的も様々です。
可愛いペットの動画から火事に遭遇した時のニュース動画、自慢の趣味を披露するものから企業のPR。
また自治体の町おこしとして動画が利用されています。

子供のなりたい職業ランキングで急上昇なのが「ユーチューバー」と呼ばれる人たちです。
自分で制作した動画を公表し、その再生数により収入を得るわけですが、これが近頃の子供たちに人気だそうです。
テレビで活躍しているアイドルや俳優よりもなれる可能性があると思うのか、または「自分で制作した」という部分に惹かれるのかは人それぞれでしょう。
また、最近では人気ユーチューバーがタレントのようにテレビに出演することもあり、タレントになる一つの道筋ととらえている人もいるのかもしません。

そこまで本格的でなくとも、報道番組やバラエティでも視聴者の撮影した動画を募集していますし、自分のインスタグラムやツイッターにあげた動画がテレビ制作者の目に留まり番組で紹介されるということもよくあることです。
このように、現代において動画というものは自ら積極的に見に行こうとしなくても、自然と目に入るものまでに急成長しています。
自ら動画を制作してみたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

ネットにあふれる個人制作の動画

スマホの普及もあり素人の作成した動画が広く見られる時代になりました。 再生回数が多い動画を制作した人がテレビに出ていることもあり、自分でも動画を制作してみたいと思っている人も多いでしょう。 ひと口に動画を制作するといっても、種類も方法も様々です。

動画制作会社に依頼する場合

インスタグラムなどに日記代わりに投稿する動画ならば、スマホで簡単に投稿することができます。 しかし、企業が顧客や入社希望者に向けて制作するPR動画などは、なかなかスマホで…というわけにはいかないでしょう。 そこでお願いするのが動画制作会社です。

動画の適正価格

スーパーで売っているような商品と違い動画には「定価」はありません。 同じ5分の動画であっても、その内容などにより価格は2倍や大きいところで8倍以上の見積も会社によってできます。 では、動画の価格というものは、どのようにして決めるものなのでしょうか。

おすすめリンク

映像制作会社求人情報

仕事内容や給与を地域別に詳しくご紹介します。映像制作会社に就職したい方、必見です!